スポンサードリンク

Top >  自転車の知識 >  自転車のルールやマナー

自転車のルールやマナー

ルールやマナーを守って自転車を運転しないと、歩行者を傷つけてしまう事故になったり、逆に自動車から被害を受けたりすることもあります。自転車くらいと軽く考えてはいけません。

sin008-s.jpg

身近な乗り物であり運転免許も必要ない自転車ですから、普段自転車に乗っていて交通法規のことなんかほとんど考えないと思いますが、自転車は軽車両に該当します。原則として車道を走らなくてはなりません。しかし、そうは思っておらず約7割の方は歩道を走っているのが現実です。

自転車及び歩行者専用道路などでは歩行者と同じ道路を走るわけですが、車道寄りを走る必要があり、歩行者の邪魔にならないように徐行・必要に応じて一時停止を行いながら走らなければなりません。

歩行者と絡んで事故にでもなれば、自転車の方が立場上圧倒的に不利になるのが通常ですから、本当に注意して走る必要があるのです。

また、お酒を飲んでほろ酔い気分で自転車を運転する方がいらっしゃいますけど、お酒を飲んで自転車に乗ってはいけませんし、お酒をすすめることも法律で禁じられています。自動車では禁じられていることは知っていても、自転車でも禁じられているとは知らない方がほとんどではないでしょうか?

気軽な乗り物だからつい忘れがちなことなのですが、加害者になって相手を死亡させてしまった事故というのも数多くあるのです。ルールやマナーに気をつけて楽しく自転車を走らせるようにしましょう。

スポンサードリンク

自転車の知識

皆さん子供のころから自転車を使われていると思います。初めて自転車に乗れたときの感動をいまだに忘れていないという方も多いことでしょう。誰にとっても身近な自転車ですが、意外に知らなかったこともあるのです。

関連エントリー

自転車の種類 自転車の正しい選び方 自転車は歩道を走る? 自転車は健康によい 自転車のルールやマナー